そばの里 in 十勝新得町

蕎麦

一度に二度おいしい「天ぷらそば定食」

新得の名産品を使って、
おいしいそばをお客様へ届けたい

 店主の関口新治さん(63)は創業95年を誇る老舗の四代目。町内で場所を移しながら、三代目である父・昭一さんが現店舗地に「地下食堂」という名前で開店した。

 関口さんのそばはそば粉8、つなぎ2の「二・八そば」。二代目から継承されたつゆに絡みやすい太麺が特長だ。2005年度に日本蕎麦協会の全国そば優良生産表彰で最高賞の「農林水産大臣賞」を受賞した村田博さん(屈足)の牡丹そばを使用している。「村田さんのそばは香りが違うんだよね」と関口さん。33年前に関口さんが開発した「かえし」は3か月間寝かせて使用している。

 人気の「天ぷらそば定食」はかけそばに天ぷらと小鉢、香の物、ご飯がセット。天丼のタレが付いてくるので、天ぷらをそばに浸しても、ご飯の上に載せて天丼としてもいただくことが出来る。

 関口さんは「最近は年をとったせいか腰が痛くて」とつぶやきながらも「新得の名産品を全部使って、おいしいそばを出来るだけ永く提供いしていけたらいいね」と静かに思いを語った。

 JR新得駅の待合室にある立ち食いそば屋も同店の経営。次男・惇史さん(26)が店を任されている。

関口新治さん

駅そばの営業時間は10時~17時

そば処 せきぐち
住所 新得町本通北1-11 MAP
電話 0156-64-5450 TEL
営業 11時~20時
(そばが無くなり次第終了)
定休 不定(第1・3木曜は休み)

941view

関連トピックス:地元の名店

more
  1. ホーム
  2. 地元の名店
  3. そば処 せきぐち