そばの里 in 十勝新得町

蕎麦

温かいつゆにそばを軽く浸す「新得地鶏南ばんせいろ」

自社農園のそばと名産の椎茸や新得地鶏。
まさに新得の味

新得そばの館は、1974年に町内に設立した製粉・麺類製造販売の新得物産が運営するそばレストラン。周辺の国道38号沿い約1.5キロの「ソバロード」では、7月下旬から8月中旬にキタワセや牡丹種の花が見頃になる。

同店で提供されるそばは、自社農園である新得物産サホロ農園で栽培され、2015年度全国そば優良生産表彰(日本蕎麦協会主催)で、最高位の農林水産大臣賞に選ばれた。同園の清水輝男社長(67)は「第22回日本そば博覧会(そば博)in十勝新得町」の実行委員長も務め、新得そばの品質や知名度向上の大役を担っている。

新得そばの館の鈴木利光支配人(61)は、町内のくったり温泉レイク・インや十勝サホロリゾートの和食料理長などを歴任後、同館へ。最も古い品種である香り高い「牡丹そば」にこだわり、出汁には鰹節3種や日高昆布のほか新得産の乾燥シイタケを使用している。

おすすめは「新得地鶏南ばんせいろ」。鈴木さんは「自社農園のそばと名産の椎茸や新得地鶏。まさに新得の味です」と太鼓判を打つ。

同館には手打ちそばの初心者向け体験道場も併設。専門講師が基本を丁寧に指導し、所要時間は約1時間。体験では1人500g(約5人前)を手打ちし、1人前は試食、残りは土産として持ち帰ることができる。

鈴木利光さん

館内のショップには乾麺などが豊富にそろう

そば粉を使用した蒸しケーキは新商品

新得そばの館/レストラン玄穣
住所 新得町字新得基線102 MAP
電話 0156-64-5888 TEL
営業 4~10月/11時~19時、
11~13月/11時~17時
(各ラストオーダー30分前)
※そば打ち道場の営業時間は以下ホームページで確認
定休 無し
席数 100
駐車 65台、バス7台
Webサイトを見る

1211view

関連トピックス:地元の名店

more
  1. ホーム
  2. 地元の名店
  3. 新得そばの館 レストラン玄穣